スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author : スポンサードリンク| 2016.07.01 Friday | - | -
NTTファシリティーズジャーナル294号表紙
NTTファシリティーズジャーナル294号表紙




実作品





「こころとココロ」 70×174cm

私を象徴するスタイルの一つ“トランスワーク”作品。

言葉やフレーズを繰り返し書き連ねる手法である。

朱墨平仮名で「こころ」をタテ書き、淡墨片仮名で「ココロ」をヨコ書き、

言語・色彩・書式いずれも異なりながらも不調和の調和のような世界観を表現してみた。

不況や災害、政治不信など暗いニュースばかりのこの国の昨今、

そんな時代だからこそ人の持つ心のあり様が問われるのだと思う。


書/文章 柿沼康二
撮影 野瀬勝一(QUEST)
表装協力 湯山春峰堂


 
author : 柿沼康二| 2013.07.11 Thursday 16:29 | - | trackbacks(0)
NTTファシリティーズジャーナル293号表紙
 NTTファシリティーズジャーナル293号表紙




実作品



「道」 96×60cm



“際に美あり”

瀬戸際、散り際など、移り変わる物事のぎりぎりの際(キワ)に美が生まれる。

美は生とも個性とも言える。

それらは自ら出すものではなく、物事にひたすら夢中で打ち込む人間の姿から

にじみ出てくるものだと私は思う。



書/文章 柿沼康二

撮影 野瀬勝一(QUEST)

表装協力 湯山春峰堂

 
author : 柿沼康二| 2012.12.29 Saturday 16:27 | - | trackbacks(0)
NTTファシリティーズジャーナル292号表紙
NTTファシリティーズジャーナル292号表紙




実作品




「虹」 68×70cm
字義は、天空を貫通して走る霊怪な虫(もの)。古代の中国において虹は稲光のよう
に天空を走る竜(蛇)と考えられていたというから漢字の語源は面白い。不思議なむ
し、或いは怪奇な麗性の生き物を示す意符「虫」と音符の「工(コウ)」とからなる形
声文字「虹」、渦を巻き天駆ける竜の姿を求めた。 
参照「甲骨金文辞典(雄山閣)」

書/文章 柿沼康二
撮影 野瀬勝一(QUEST)
表装協力 湯山春峰堂
author : 柿沼康二| 2012.12.28 Friday 16:25 | - | trackbacks(0)
NTTファシリティーズジャーナル291号表紙
NTTファシリティーズジャーナル291号表紙



実作品




 「空」 68×70cm
 
「書って何?」「ロックって何?」と死ぬまで問い続けられるのが真のアーティストなんだと私は思う。“アートとは何か”“愛とは何か”誰も明確に定義付けられないようにそれらは常に不安定で時に嫌悪感まで与える厄介なもの。永遠にどこにも収まり切ることのない世界だからこそ人を惹きつけて止まない。分かったらアートじゃないのだ。「美」は理解するものではなく自分が感じるものだから…。
 
書/文章 柿沼康二
撮影 野瀬勝一(QUEST)
表装協力 湯山春峰堂
author : 柿沼康二| 2012.12.27 Thursday 16:18 | - | trackbacks(0)
NTTファシリティーズジャーナル290号表紙
 NTTファシリティーズジャーナル290号表紙





実作品





「光」 68×70cm
 
字義は、“大きな火。火が大いにかがやく”。
万遍なく照らされた光より、暗がりの中で照らされる光の方が人は明るく感じるという。光と影は表裏一体、一見相反するように見える二つの要素が絶妙に絡み合い光という美を創り出す。漆黒の闇を切り裂く稲光をイメージしてみた。
 
書/文章 柿沼康二
撮影 野瀬勝一(QUEST)
表装協力 湯山春峰堂 
author : 柿沼康二| 2012.12.26 Wednesday 16:15 | - | trackbacks(0)
NTTファシリティーズジャーナル287号表紙


実作品

「あかあかやあかあかあかやあかあかやあかやあかあかあかあかや月」 70×45cm

「月の歌人」明恵上人の歌。「月を見る我が月になり、我に見られる月が我になり、
自然に没入、自然と合一してゐます」川端康成はノーベル文学賞受賞記念講演にてこの歌を評している。“あかあかや…”柔らかく何とも親しみやすいこのフレーズを口ずさみ、太古の月と大和心を想像しながら筆を執る自分がいる。

書/文 柿沼康二
撮影 野瀬勝一(QUEST)
表装協力 湯山春峰堂

author : 柿沼康二| 2012.12.25 Tuesday 22:00 | - | trackbacks(0)
NTTファシリティーズジャーナル288号/289号表紙
NTTファシリティーズジャーナルの表紙 288号

 


実作品

「在」 68×70cm

墨の種類には油煙墨や松煙墨、濃度には濃墨、淡墨、中間墨、 また線には潤筆や渇筆など「墨に五彩あり」と言われるように 墨一色でありながら色彩を越えた様々な墨色を醸し出し見る者 を魅了する。漆黒と白、相反する無彩色はクールにせめぎ合い ながら書独自の調和へと定着していく。 

書/文章 柿沼康二
撮影 野瀬勝一(QUEST)
表装協力 湯山春峰堂



NTTファシリティーズジャーナルの表紙 289号

 


実作品

「一」 68×70cm

“「一」で良い作品ができたらそれに越したことはない”昭和の三筆の一人、 師手島右卿先生の言葉である。シンプルだから誤魔化しようがないのだ。 師の言葉に対決するべくこれまで様々な「一」を表現してきた。 今回は、新たなる年への希望を胸に朱墨で筆を打ち込んだ。

書/文章 柿沼康二
撮影 野瀬勝一(QUEST)
表装協力 湯山春峰堂

author : 柿沼康二| 2012.03.19 Monday 22:07 | - | trackbacks(1)
NTTファシリティーズ表紙286号
NTTファシリティーズ表紙286号



実作品




「誓」  67×70cm
 
これまでそうであったように、この国は何事にも絶対にくじけない。

書/文 柿沼康二
撮影 野瀬勝一(QUEST)
表装協力 湯山春峰堂
author : 柿沼康二| 2011.12.25 Sunday 16:11 | - | trackbacks(0)
二期会通信 vol.288 表紙に作品提供
 

発行:公益財団法人東京二期会

二期会通信:2000人以上の声楽家が所属する日本最大規模のオペラ団体東京二期会の
歌手会員を始め、愛好会会員さまや楽器店、教育関係の施設にて配布される会報誌。

表紙は、毎回、「オペラ」をテーマに幅広いジャンルのクリエーターに作品を掲載しています。


表紙作品:「劇」
書家 柿沼康二
 
絵画、音楽、オペラ、映画、スポーツ…どんな世界においても、人には真似のできない卓越した技や芸を持ち、その道一筋に己の向上と追及のみに全身全霊をかけている人はアーティストといえよう。しかし、書の世界ではどうか?“アーティスト”というイメージがどうしても湧かないのだ。見渡すところ書家や書道家と名乗る人は、学校や書塾、カルチャーセンターなどで書道を教え、指導者として生計を立てることに甘んじている人が大変多い。
己の作品で生きる、それがアーティストではないかと私は思う。「アーティストとティーチャーとは全く違う」そう一念発起して教職を辞し、私はアーティストの書家としての道を選んだ。あれからはや十年以上の時が流れ、悩んだりのた打ち回ったりしながら手に入れた自分なりの答え。「一生ぶれ続ける」。アートは安定を嫌い、そして不安定とアートは仲良しだから。
「劇」、きつく、はげしい様。それはジャンルを問わず日々自らを創造し、そして自己と戦い続けるアーティストの無言の情熱。
 
新刊「岡本太郎vs 柿沼康二 TRANCE-MISSION」(二玄社)
作品集「柿沼康二 書」(東洋経済新報社)

詳しくコチラ http://www.nikikai.net/index1.html

author : 柿沼康二| 2011.12.21 Wednesday 22:06 | - | trackbacks(0)
2011年12月11日全国版、朝日新聞・書評コラム「視線」
 2011年12月11日全国版、朝日新聞・書評コラム「視線」、美術家の森村 泰昌氏による「TRANCE-MISSION」のご紹介。

http://book.asahi.com/reviews/column/1207.html

掲載内容は、上記ブック・アサヒ・コムにて紹介されておりますので是非ご覧下さい。

上記サイト内から引用

岡本太郎vs柿沼康二 TRANCE−MISSION 

[著] 岡本太郎/柿沼康二著

[文] 森村泰昌(美術家) 
 
[掲載] 2011年12月11日

著者: 岡本太郎、柿沼康二  出版社:二玄社 価格:¥ 1,890

 
 昨今、「書」が盛んである。パソコンが中心の時代にあって、めっきり文字を書く機会が減った。すると逆に、手書き以外の何物でもない「書」の世界が新鮮に見えてくる。年配者のみならず若い世代にも、じわじわと「書」の世界が広がっている。
 そんな新しい感覚の書家のひとり、柿沼康二が岡本太郎(1911〜96)の文章から「書」を導き出す。柿沼とタローの競演が本書となった。
 タローの言葉はいつも歯切れがいい。有名な「今日の芸術は、うまくあってはならない。きれいであってはならない。ここちよくあってはならない」との発言は、その典型であろう。うまくなく、きれいでも、ここちよくもないが、しかし芸術として一級品であるとはどういうことかと、タローは謎をかけてくる。柿沼はこれに「書」で答えなければならない。
 読まれるべき内容と、書かれるべき「書」の形式が一致しなければ、たとえそれが「絵」としてはよくても、「いい書」とはならない。「書」ならではの、この柿沼の格闘が、まるで七色の声を持つ歌手のように、多彩な「書」のスタイルで展開する。
 こうして柿沼康二という書家の多彩な魅力が本書にはよく表れているのだが、それは時に抽象絵画のようであり、時に現代書道のお手本のようでもある。しかしその一方で暴走族が壁に残す暴力的な落書きに見えることもある。
 ハイアート(高級な芸術)とローアート(大衆芸術)の差異を無化する、この過激な「書」を、岡本太郎はさぞかし絶賛したことだろう。競演は見事に成功したのである。
Check
author : 柿沼康二| 2011.12.20 Tuesday 11:00 | - | trackbacks(0)
柿沼康二
書家、アーティスト
Koji Kakinuma (c)Douglas Benedict
(c)Douglas Benedict
書家/アーティスト・柿沼康二の芸術観、書道について、アーティスト論、過去の日記などを集めたエッセー集。

柿沼康二(カキヌマコウジ)。書家・書道家・現代美術家。 1970年栃木県矢板市生まれ。5歳より筆を持ち、柿沼翠流(父)、手島右卿(昭和の三筆)、上松一條に師事。東京学芸大学教育学部芸術科(書道)卒業。2006-2007年、米国プリンストン大学客員書家を務める。 「書はアートたるか、己はアーティストたるか」の命題に挑戦し続け、伝統的な書の技術と前衛的な精神による独自のスタイルは、「書を現代アートまで昇華させた」と国内外で高い評価を得る。2013年、現代美術館において存命書家史上初の快挙となる個展を金沢21世紀美術館にて開催。2012年春の東久邇宮文化褒賞、第1回矢板市市民栄誉賞、第4回手島右卿賞。独立書展特選、独立書人団50周年記念賞(大作賞)、毎日書道展毎日賞(2回)等受賞歴多数。NHK大河ドラマ「風林火山」(2007)、北野武監督映画「アキレスと亀」、角川映画「最後の忠臣蔵」等の題字の他、「九州大学」「九州大学病院」名盤用作品等を揮毫。 NHK「トップランナー」「趣味Do楽 柿沼康二 オレ流 書の冒険」「ようこそ先輩課外授業」「スタジオパークからこんにちは(2回)、MBS「情熱大陸」、日テレ「心ゆさぶれ! 先輩ROCK YOU」、BOSE社TV-CM等に出演。 伝統書から特大筆によるダイナミックな超大作、トランスワークと称される新表現まで、そのパフォーマンス性は幅広く、これまでNYメトロポリタン美術館、ワシントンDCケネディセンター、フィラデルフィア美術館、ロンドン・カウンティーホール、KODO(鼓童)アースセレブレーションなど世界各地で披露され好評を博す。現在、柿沼事務所代表取締役社長兼所属書家。


=TOPICS=
柿沼康二の作品をまとめた初の本格作品集「柿沼康二 書」東洋経済新報社より好評発売中です。
→詳細を読む
=WEB SITE=
=BLOG=
=SHOP=
=COMPANY=


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS